中間言語を見くびるな!

長らくご無沙汰しておりました… しばらく「言の葉ひらひら」に新しい葉をつけずにいてごめんなさい。只今ミシガンは紅葉で美しい葉がひらひらと舞っていますが、このブログの10月の木はすでに丸坊主になっておりましたね。新葉をつけなきゃ、それが育つ事も、染まる事も、舞う事も、土に還る事もないのに、困ったものです。季節は冬へと変わっても、ここの葉はつけ続けたいな。

さて、勉強に、仕事に、片付けに、社交活動に忙しくしている私の毎日ですが、最近、クラスで学んだ中で興味深かった事をひとつ紹介します。「人が外国語を学ぶ際、その人の母国語の発音や文法などが外国語を習得する際に邪魔になる」と昔は考えられていたのですが、母国語から外国語への橋渡し的な「中間言語」が存在すると最近考えられるようになったそうです。それはいわゆるジャパニーズアメリカンとかスパングリッシュといわれるものにあたるかな。ネイティブの人が聞くと、スタンダートな英語じゃないので「それ間違ってる!」と思われちゃいますが、彼らのモノサシによれば間違っていようとも、言語学習者の脳ミソの中で生まれた中間言語にはそれなりのロジックや一貫性があるってもんなのさ!ってことなんです。

Continue reading

Advertisements