「東京確認」~ 東京のどこかにいるあなたと握手をしよう

久しぶりに詩を書きました。もっと正確に言うと、まぁ人様に聞いて頂いてもいいかな、という詩が書けました。詩の出来はともあれ、私の人生の節目の記録にはなるでしょう。20年以上もの海外暮らしをひとまず終え、日本で暮らし始めて最初に書いた詩ですから。といっても、既に帰国して2ヶ月くらい経ちましたけどね。いや〜、ただの一時帰国と違って、なんだか緊張してます。慣れない人混みの中、人にぶつかったり、改札でつっかえたりする度に、心の中で「未熟都民で、すみません」「私、実は帰国子女なんで」なんて呟いてます。いや、ホントに。

さて、この「東京確認」は東京のオープンマイクで、東京の方に聴いて頂く前提で書いた詩。詩を読む場所やオーディエンスを想定して書くと、面白い流れができたりするもんですね。以前に読んだ「博士の愛した数式」に、「博士が、言葉の代わりに数字を持ち出すのは『数字は相手と握手をするために差し出す右手であり、同時に自分の身を保護するオーバーでもあった。」という文がありましたが、私にとってもこの詩は「東京にいる誰かと握手をするために差し出す手」なのかもしれないな。ってなわけで、こんな未熟都民ですけれど、よろしくお願いいたします。(ヘッドホンで聴くと、BGMとか蝉の声とか街の音入りで、なんかイイ感じです)

これは、いわばマイクレス・オープンマイクというか、マイクなしの朗読会だったんですけど、初対面ながら他の詩人や朗読人の方達と朗読の合間にディープなお話ができ、まるでそれぞれが持ち寄ったテキストが握手の手になってくれたみたいでした。アメリカのオープンマイクはノリいい・バラエティー豊か・客多い、って感じでしたが、日本のオープンマイクは少人数ながら、個人的にゆっくりお話ができたり、披露される芸に年期が入っていたりで、非常に味わい深いです。どちらも効いてくる場所が違いますが、いい刺激になりますわ。

字ヅラも楽しみたい方のために、テキストも載せますね。

Continue reading

Advertisements