わたしが生まれてきた理由は、わたしが通った後に見えてくる

Scan 1

最近、「わたしが生まれてきた理由は子どもを産むためではないことは確かだ」というブログ記事を読みました。これを書いているのは、最近お知り合いになったイシワタキミさん。帰国子女で詩人、という共通点も相まって、お話ししてみると楽しくてとても素敵な方でした。詩もカッコイイし。きっと生き様もカッコイイんだろうな〜、と思っていたら、このブログ記事ですからね、惚れました(照)。

そこで、私も考えてみたんです。私が生まれてきた理由は何だろうって。私だっていつか子どもを産みたいと思っている。でも、私が生まれてきた理由は子どもを産むためではない。私だっていつか詩集を編みたいと思っている。でも、私が生まれてきた理由は詩集を編むためではない。私だっていつか絵本を・・・(以下、省略)

だったら私が生まれてきた理由って何?と考えて、キミさんに送った私の言葉は「私は私の人生を生きるために生まれてきた。」おおお、なかなかカッコイイな、我ながら。「でも、それってはっきりした目標がない人の言い訳っぽくね?」という脳内批判を軽くスルーしながら私が思うのは、「○○のために生まれてきた」はずなのに、その○○がもし出来なかったら、「私の人生なんだったの?」って泣き言いうことになるだろうと。でも、人生には個人の願望や目標以上の意味があるはず。例えば、子どもを産めずに明日死んだとする。詩集も出せずに明後日死んだとする(ミニ詩集なら出したけどね!絶賛販売中)。そこで私の人生、意味がなかったかといえば、そんなことはない。たとえ、子どもを産まず、詩集が編めなかったとしても、多くの愛すべき子ども達に出会わせてもらったし、不格好でも愛しいと思える詩を書いてきた。それでいいじゃないですか。金太郎飴は、途中で切れても金太郎飴のはず。そりゃあ、もっと生きて頑張って、願望や目標をカタチにしていきたいとは思ってますけどね。

もうひとつキミさんの言葉でカッコイイと思ったのは、「子どもを産んだ、ということは、神様、或いは大いなるものが、たまたまわたしをそのように利用したに過ぎない。」(痺れるぜ)これはサムエルを産んだハンナもそうだし、イエスを産んだマリヤも同じ。そう、 人生には個人の願望や目標以上の意味がある(大事なことなんで、二度言いました)。神様の目的にたまたまマッチする個人の目標や願望は叶うけど、残念ながら叶わないものもある。自分がドジ踏んだり、他人に邪魔されたり、時代の大きな波に阻まれたりもする。で、自分や他人や時代や神様を恨んだりしたくなる。そんな時、こう考えたら救われます。願った通りに事が運ばなくても、私の人生というものはもっと大きな絵巻物のほんの一部なんだから、自分の気がつかないところで誰かの役に立ったり、何かのお役目を果たしたりしているんだろう、と。・・・しているといいな。・・・いや寧ろ、してないこともあるだろな。願望を暴走させて迷惑かけたり、絵巻物を乱してる可能性も大。(心当たりのある方いたら、すみませんでしたっ。)

そう、願望の暴走。頭では理想とする目的があっても、体は本能のままに動くということがあります。口では絵本を作りたいと言いながらも、実際にはパフォーマンスばかりしていたり。口ではいつか結婚したいと言いながらも、実際には(以下、省略)。でも、どっちかが本当でどっちかは噓、ということでもないのでしょう。理想も本能も道しるべとなって、自分が本当に求めている方向を指し示してくれる。その両方を素直に認めて、誠実に向かい合っていけば、いずれ第三の道が降ってくるはずです。うまくすれば、理想か本能、またはその両方を神様が利用してくれる。だけど、理想通りにいかないこともあるでしょう。本能を暴走させて転ぶ事もあるでしょう。それで泣きはしても、泣き言は言わない。そんな風にカッコよく生きられたら、いいな。

目的が最初からはっきりわかっている人生もあります。例えば生まれる前から取扱説明書と計画表がついているような、聖書で言えばサムソンとかバプテスマのヨハネみたいな人(聖書ネタばかりで、わからない人にはすみません)。「私が生まれてきた理由は○○だ」と最初からわかっている人は、幸せかもしれません。でもそれがわからない人達には、苦労しながらそれを見つける楽しみがあるじゃないですか。そう、大抵の人には見える形ではトリセツも計画表もついていないから、親も周りの人も試行錯誤しながら扱い方を学び、本人も自らの使用目的を考え、計画を立てては失敗し、軌道修正しながら生きていくんです。まぁぶっちゃけ、天国には全員分の取扱説明書と計画表が最初からちゃ〜んとあるんですけどね(笑)。それを意識しながら生きたら、きっともっと楽です(でも苦労から学べることもあるしね)。いつかみんなで笑いながら答え合わせをするんでしょうね。ずいぶん間違ってたなぁ、とか言って。でも、終わり良ければ全て良しとしましょう!

閑話休題。私が生まれてきた理由ですか?それは、私が生まれる前からちゃ〜んとあったけど、自分の生き方次第で私が通った後に見えてくるもののはず。私はそれが出来るよう、自分の人生を生きるだけです。

Advertisements

コメントをどうぞ。

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s