Sister Act のウーピーとかけて、マッチ箱のザラザラと解く。その心は?

昨晩は私の部屋に、いち女子高生がお泊りしていきました。私がアシスタント舎監をしている高校女子寮では、土曜の夜は好きな友達の部屋で寝てもいい「お泊りナイト☆」なんです。で、一緒に”Sister Act”「天使にラブ・ソングを…」を鑑賞。彼女は観た事がなかったらしいけど、私は高校生の頃にリアルタイムでデートで見たっけなぁ。(懐かし~。)でも、彼女が来なかったら、きっとこれ二回も見なかったと思います。(っていうか、まだ観てない続編の方が観たい。)しかし、時間をあけて同じ映画や本に触れると、前には気付かなかった事を学べるものですよね。これぞ年の功、なーんて。

この映画が出た当時、ウーピー・ゴールドバーグの歌が酷評されていて、「そんなに下手かなぁ」って思ってたけど、このストーリーの設定上、あんま上手かったら逆にダメじゃん、と昨日思いましたね。(実力は知らないけど。)ウーピー演じるデロリスは彼女曰く、「取替えのきく」しがないクラブ歌手。私思うに、そんな下手ではないけど「この人じゃなきゃ!」とか「もう一回聞きたい!」と思わせる「らしさ」のある個性的な歌声ではない。そこで、わけあって修道院に送られたデロリスに、ある敬虔なシスターがこう訊きます-「私は世の為、人の為、奉仕をしたくて修道院に入ったんです。でも…私でなければできない、そんな奉仕をしたい。そう思うのは高慢ですか?」はい、いい質問です。私も最近、それ考えてたんです!それって高慢じゃないかって。でも、自分らしさは神様に与えられているんだから、それを生かしたい、と思うのは自然、いやきっと使命なんですよね。でも誰のために?神様や人のためじゃなく、「私を見て!」だと単なる自己顕示欲になってしまうし。(←私はありがち)与えられたタレントをその量と質に関わらず、卑屈にも高慢にもならずに、素直に有効利用したい今日この頃。。。

あと、今回映画を観ながら思ったのは、「デロリス、歌は微妙だけど、教えるの上手いじゃん!」 歌う技術と賛美の心の両方を教え、シスター達をやる気にさせた彼女。バラバラだった歌声を、お互いの声をよく聞くことでまとめた彼女。(そういえば、我が敬愛するクワイヤーの指揮者(またの名を船長)の不思議な名台詞は “Listen louder than you sing!”「歌うより大きく聞きなさい。」だったな。)みんな調和しているけれど、「和して同せず」な歌声で、一人一人の個性を活かした彼女。オペラ調おばあちゃん、ドス効きおばちゃん、超ハイソプラノおばちゃん、コンテンポラリーお姉さん、それぞれが見せ場で輝いていた。周りの声をよく聴くってことは、人を没個性にさせるどころか、自分の持ち場、持ち味を客観的に判らせ、謙虚にしてくれるんですね~。

さ〜て、お待たせいたしました、ここからがなぞときの答えです!「Sister Act のウーピーとかけて、マッチ箱のザラザラと解く。その心は・・・ Continue reading

文法小話(関係代名詞編)

夏期講習のESLクラス(母国語が英語でない人のための英語のクラス)で、台湾からきた高校生達に関係代名詞を教えておりました。そこで、「 “who”で始まる関係節の入った文を作りなさい。」と言ったところ・・・

My father who is my dad said, “….”
(私のパパである私のお父さんが言った、「…」)

あ〜の〜、これって文法的には正しいんですけど、果たしてここで関係代名詞を使う意味はあるんでしょうか?関係代名詞にもやりがい感じさせてあげましょうよ、ねぇ。でも笑ったわ。

いや、もっと笑える例文あります!という自信のある方は、ぜひコメント欄を利用して「使う意味のない関係代名詞選手権」にご参加ください。その中で一番面白いものを選ばせて頂きます!

P.S. ついでに今晩、役に立ちそうな英文法サイト見つけました。

靴下効果=温泉効果!?

最近、大学院の談話分析のクラスで、「生徒の作文をどのように評価するか」というトピックがあり、それぞれが英作文担当の教授にインタビューしてくることになりました。なるべく客観的、そして公平な評価が出来るようにと、ほとんどの教授がルーブリック(評価表)を使っています。

例えば、
内容。。。20%
構成。。。20%
文体。。。20%
思考の流れ。。。20%
文法・スペリング・句読点。。。20%
こんなのをもとに点をつけているわけです。(教授によって色々違うけど)

でもあるクラスメイト曰く、「私は今学期、フレッシュマン・コンプ(大学一年生必須の作文クラス)教えていて思うんだけど、こういう評価表によれば100%取れる作文でも、いい作文とは言えない、なにも惹かれるものがない文章ってあるよね。」あるあるある!すると教授も、「そうなのよね、だから私はSox Effect (靴下効果)という項目を設けて最大3%プラスしていたわ。」「何ですか、そのSox Effect って?」と私。「あら、それは英語のイディオムで、なにかがあんまり素晴らしくて驚く時、『靴下が飛んでいく』(It knocks my socks off!) と表現するのよ。」はぁ~、「靴下ポーン点」ですか...でも全ての書き手が、全ての作品で、全ての読み手の靴下をぶっ飛ばせるものを生み出せるわけじゃないし、難しくありません?読み手の好みもあるし、かなり主観的な評価になっちゃうし。だから3%なのかな?しかし、プロの作家として読者を獲得していくには、この「靴下ポーン点」が一番大事なようにも思われます。

そこで、先週も引用させてもらった内田先生のブログ(最近、ハマってます)の話を思い出しました。そこに、村上春樹x柴田元幸の雑誌の対談の一部が載っていたので、またまた引用させて頂きます。村上氏、物語についてこう語ります。 Continue reading

中間言語を見くびるな!

長らくご無沙汰しておりました… しばらく「言の葉ひらひら」に新しい葉をつけずにいてごめんなさい。只今ミシガンは紅葉で美しい葉がひらひらと舞っていますが、このブログの10月の木はすでに丸坊主になっておりましたね。新葉をつけなきゃ、それが育つ事も、染まる事も、舞う事も、土に還る事もないのに、困ったものです。季節は冬へと変わっても、ここの葉はつけ続けたいな。

さて、勉強に、仕事に、片付けに、社交活動に忙しくしている私の毎日ですが、最近、クラスで学んだ中で興味深かった事をひとつ紹介します。「人が外国語を学ぶ際、その人の母国語の発音や文法などが外国語を習得する際に邪魔になる」と昔は考えられていたのですが、母国語から外国語への橋渡し的な「中間言語」が存在すると最近考えられるようになったそうです。それはいわゆるジャパニーズアメリカンとかスパングリッシュといわれるものにあたるかな。ネイティブの人が聞くと、スタンダートな英語じゃないので「それ間違ってる!」と思われちゃいますが、彼らのモノサシによれば間違っていようとも、言語学習者の脳ミソの中で生まれた中間言語にはそれなりのロジックや一貫性があるってもんなのさ!ってことなんです。

Continue reading

英語力習得山あり谷あり(その3)

苦労と英語習得は比例するかも、と申しましたが、楽しくなけりゃ英語は覚えない!というのもまた真実なり、です。脳味噌はあんまり苦痛が多いとベストの能力を発揮できない、楽しく学んだ方が身によく付く、らしい(苦労と苦痛は違うのです)。アメリカの教育界では、

“education” + “entertainment” = “edutainment”
「教育」+「エンターテイメント」+「エジュテイメント」

という造語があるくらい。(”No pain, no gain”と矛盾するって?まぁ、続きを読んでくだされ。)

アメリカの小学校では “Running Record” という生徒の読書レベルを測るシステムがあります。例えば、日本の小学校2年生の国語の教科書にも出てくるかえるくんとがまくんの「お手紙」は、英語の原書だと「レベル1.4」、つまりアメリカ現地校の小学1年生4ヶ月レベルの内容ということ(参考までに、1年生レベルの本のリスト “Accelerated Reader List” をどうぞ)。先生は「この子はこのくらいのレベルかな?」という本の約1ページ分を個別に音読させて、音読力と読解力をチェックをします。

音読の正確度94%以上:読解もばっちり= “Independent Level”「1人で読めますレベル」(次のレベルの本に進む)
音読の正確度90~94%:理解もだいたいOK= “Instructional Level”「学習にぴったりレベル」(今のあなたのレベル)
音読の正確度90%以下:理解もあやふや= “Frustration Level”「ちょっと無理レベル」(下のレベルの本に戻る)

1〜2ヶ月に一度、このチェックを個別に行い、ちょうどいい「今のあなたのレベル」を見つけて、読書レベルの遍歴を記録してあげるのが、先生のお役目です。慣れてくると最初の1冊で「やっぱり、これくらいがピッタリね!」とこのレベルの本を選ぶことができますが、私も慣れない頃は延々と子どもに読ませて、「おぉ〜、まだまだイケルね〜、はい次!」(心の中では「ごめんね!」)なんてやってました。だって、90~94%って幅が狭いでしょ、微妙なレベルですよ、これは。すらすらでもつっかえつっかえでもなく、全体的な話の理解を損なわない程度にところどころ「?」な言葉や文があるレベル。でも、これくらいのレベルの本をたっくさ〜ん読むのが脳には一番効果的、らしいのです。

Continue reading

英語力習得山あり谷あり(その2)

さて前回の続きです。”sink or swim”だった人間が、死にものぐるいじゃなくても、ぷかぷか浮かべるようになってからのお話。 3~4年経ってくると、(人によって時期が違うでしょうが)「結構自分も英語に不自由しなくなったもんだな。」とか「なーんだ、英語ができれば今まで大変と思ってた勉強って案外簡単じゃん?」とか感じられる時期がやって来るかもしれません。「英語で頑張ってる自分」を意識しなくなり、なんだか楽になってくる時期があります。社交面でも成績面でも、や〜っと本領発揮!できる。 ところがここで力を抜いちゃいけないんです。ここからが本当の努力の始まり始まり~!(私はここで調子こいて、数年分損したと思います、ハイ。)日常でも、学校でも、仕事でも、交友関係でも英語で困らない、そういうレベルに達した事は喜ぶべきことです、自分で自分を褒めてあげましょう!(これも古いよね)が、ここでサバイバルの辛さ、苦しさ、悔しさのバネがない分、必然性を感じなくなり、中だるみする危険性大!大河ドラマだって中だるみするんだから。(関係ない?)ここで自分の持っている英語力はドライアイス程度という認識を持ち、水面下の英語力を蓄える努力に切り替える人が、その次のレベルに行ける人、なんです。(ドライアイス程度って何?という方は、「話せる・聞ける英語の勉強法2」をお読みください。)

c850957275a899a31d018c7774c896bb

具体的には、普段接しない英語に触れるために、様々な媒体(通常守備範囲外の読み物、人、メディアとか)に積極的に接して新たな単語、表現、そして文化を吸収し(インプット)、会話や文章の中でそれらを活用して意識的にアウトプットする、など。自分のcomfort zone(居心地のいい場所)から一歩も二歩も出て動き回って、常にチャレンジ精神と初心を忘れずに!かな。なーんて実はコレ、自分に言い聞かせてるんですけどね。さぁみんなも次のレベルに行ってみよー!と景気がついたところで続きは、また今度

英語力習得山あり谷あり(その1)

今日は、英語圏における英語力習得のお話です。(あくまで私的経験談ですが。)(私の元生徒は必読!?)

実は、日本にいた頃は英語は苦手な方でした。っていうかはっきり言って嫌いだった(国語は好きでしたが)。じゃあどうしていきなりカナダの高校に行ったのかって?それはまた別の長~いお話なのですよ(またいつかゆっくりしましょう)。とにかく、中学の頃の英語の成績はあんまりよくなかったし、スペル覚えたり、和訳/英訳しながら教科書の話を学ぶのがおもしろくなかったのです(←このやり方は「文法訳読教授法」Grammar-Translation Method)。年に一度の英語劇は好きだったけどね。しかしなにがどうしたことか、英語で24時間戦えますか~(古い?)の世界に入ってしまったのである(←これは「サブマージョン」submersion)。

一年目は泣きましたね〜。この負けず嫌い&泣き嫌いの私も、クローゼットで隠れて泣いとりました。「こんなはずじゃなかった...」とか「このくらいの事、私だって日本でだったら簡単に出来るわ!」と悔しいやら情けないやら。経験者には分かるでしょう、この気持ち。おしゃべりで黙ってられないティーンエイジャーだった私は(今もそうか)、くだらないことなら英語(+手振り身振り+効果音)で伝えられるようになったけど、おバカに見られてあんまりマジメに向き合ってもらえてない気がしたり。「ジャパニーズ・ブロンド」とか呼ばれてさぁ(怒)(ま、日本でもおバカでしたが)。友達と笑いながら話してても、心の底では「こんなんでいいのか?」って思ってたり。でもよく考えると、これは外国人相手だからではなく、誰が相手でも感じてたんですよね。思春期におけるアンネ・フランク状態、とでもいうのでしょうか。(「最後の日の日記参照」)本当の自分をわかってもらうのって難しい。いや、表も裏も含めて「本当の自分」なんですけどね。

しかし振り返ってみると、始めの1~2年のコトバの吸収力は大したもの。私がこれまで見てきたESL生徒も、この頃の伸びが一番大きいようです。苦労と英語習得は比例するかも? “No pain, no gain” ってやつですか。溺れないように必死!だからかな。これが “sink or swim”.(でも個人差大きいです。「沈むか、泳ぐか」的環境が向かない人もいる。性格的なもの、もとの国語力、ヤル気の違いもある)。でも、始めから「どうせ英語だからわかんない」「こんなん無理」とか投げちゃって、「英語で頑張らなきゃいけない自分は可哀想」というような悲観的&被害者的感覚は持たない方がいい。そう思ってしまいがちですけどね。現地校のモノサシですぐには測られないその努力も今の君を伸ばしてくれていて、いつかは表れ出てくるよ!でも、思い通りにいかない自分を追い込み過ぎるのもキツくなる。要はバランス。言うのは簡単ですがこれは経験で覚えるしかない。ヨチヨチ歩きでこけちゃうこともある自分だけの英語力習得山あり谷あり体験を、客観的に見て楽しむ余裕も必要、かな。何事にも客観性は大事ですよね。後になると笑える事も多いけど、それを今のうちから笑えるのも才能のうち!?

夏休みでしばらく生徒と接していないせいか、妙に説教じみてしまったかな?なんか精神論みたいになっちゃいました。具体的に役立つ英語力習得法もぼちぼち載せていきますからね!次回は「英語が楽になってきたかな」という段階についてのお話です。お楽しみに...