わたしが生まれてきた理由は、わたしが通った後に見えてくる

Scan 1

最近、「わたしが生まれてきた理由は子どもを産むためではないことは確かだ」というブログ記事を読みました。これを書いているのは、最近お知り合いになったイシワタキミさん。帰国子女で詩人、という共通点も相まって、お話ししてみると楽しくてとても素敵な方でした。詩もカッコイイし。きっと生き様もカッコイイんだろうな〜、と思っていたら、このブログ記事ですからね、惚れました(照)。

そこで、私も考えてみたんです。私が生まれてきた理由は何だろうって。私だっていつか子どもを産みたいと思っている。でも、私が生まれてきた理由は子どもを産むためではない。私だっていつか詩集を編みたいと思っている。でも、私が生まれてきた理由は詩集を編むためではない。私だっていつか絵本を・・・(以下、省略)

だったら私が生まれてきた理由って何?と考えて、キミさんに送った私の言葉は「私は私の人生を生きるために生まれてきた。」おおお、なかなかカッコイイな、我ながら。「でも、それってはっきりした目標がない人の言い訳っぽくね?」という脳内批判を軽くスルーしながら私が思うのは、「○○のために生まれてきた」はずなのに、その○○がもし出来なかったら、「私の人生なんだったの?」って泣き言いうことになるだろうと。でも、人生には個人の願望や目標以上の意味があるはず。例えば、子どもを産めずに明日死んだとする。詩集も出せずに明後日死んだとする(ミニ詩集なら出したけどね!絶賛販売中)。そこで私の人生、意味がなかったかといえば、そんなことはない。たとえ、子どもを産まず、詩集が編めなかったとしても、多くの愛すべき子ども達に出会わせてもらったし、不格好でも愛しいと思える詩を書いてきた。それでいいじゃないですか。金太郎飴は、途中で切れても金太郎飴のはず。そりゃあ、もっと生きて頑張って、願望や目標をカタチにしていきたいとは思ってますけどね。

Continue reading

「聖書と村上春樹と魂の世界」を読んで感じた「私と聖書とその他の世界」

Featured image
今回の日本での一時帰国では、結構イイ本をたくさん手に入れたんですが、その中でも今の自分にドンピシャだったのが、これです。「聖書と村上春樹と魂の世界」あまりに気に入ったので、人にあげて、もう1冊自分に買いました。最近ぼんやり思っていたことが、はっきりと説明されていて、「そうそう、そう思ってたのよ!」っていうのと、自覚してなかった最近の自分の傾向が「なるほど、そういうことだったのか!」とわかる、目からウロコの1冊でした。

このブログでもかなり引用しているのでバレバレかもしれませんが、私はけっこうハルキストなのかもしれないですね。こっぱずかしくて認めたくないんですけど。なんか文章はキザだし、読後感が微妙なこともあって、「ノルウェイの森」から入った頃は、そんなに好きではなかったのですが。「やがて哀しい外国語」などのエッセー、「神の子たちはみな踊る」などの短編集、そして「アンダーグラウンド」を読んだ辺りから、ハマってきた気がします。「海辺のカフカ」はツボでしたし。しかし、とっても保守的なクリスチャン高校に行っていたせいか、本当に起こったことを書いていないフィクションを読むのは悪、みたいな意識がどこかにあるんですよ、私には。キリスト教と村上春樹の小説は相容れないもの、みたいな(実際、この対談を載せた「リバイバル・ジャパン」誌には、批判的なコメントも寄せられ、購読をやめた人もいるという)。でも、聖書は読めなくても、彼の小説は読める、って日もあるんですよね(それもどうかと思うけど)。そんな罪悪感というか違和感を、この本は払拭してくれたのでした。

Continue reading

クリスマス・プレゼント

我が高校のクリスマス・プログラムのために、何か詩を書いてと頼まれました。これは、頼まれないと生まれなかったかもしれない詩、かな。頼んでくれて、ありがとう!もとが英語なので、ちょっとギクシャク感がありますが、そんなぎこちない包みでもちゃんと届けたかったものが届くといいな。

******************************

クリスマス・プレゼント

クリスマス・プレゼントは待っていた
カラフルな服を着て、待っていた
見えない宝を 内に秘め、
開けて欲しい、と待っていた

それを手たちは 引き裂いた
無実な包みは 裂かれ 捨てられ
そして役目は 果たされた
手たちを招き 裂かれてまでも
何かをその手に 届けるために

イエス・キリストも この世にくだり
人の身まとって、やって来た
見えない宝を 内に秘め、
開けて欲しい、とやって来た

それを手たちは 引き裂いた
無実な体は 裂かれ 捨てられ
そして役目は 果たされた
手たちを招き 裂かれてまでも
救いをその手に 届けるために

クリスマス・プレゼントにあなたもなれる
人の身まとって この世に暮し
見えないイエスを 内に秘め、
開けて欲しい、と伝えるならば

クリスマス・プレゼントを誰かに渡そう
あなたの生き様で 手たちを招き
受けた宝を 誰かに渡そう
無残に裂かれた あの主の体が
決して無駄には ならないように

あなたとわたしのアンダーグラウンド(1)

期末が近づいているというのに、本が私を呼んでいるので困ります。去年の夏に買って、「分厚いから時間のあるときに読も。」と思っていたのに、最近手をつけちゃったんですよ。あらら、そしたら毎日読むのが習慣になってしまった・・・そしてついに一昨日読み終わりました!(これで勉強に専念できる?)11年前に起こった地下鉄サリン事件の被害者の方へのインタビューをもとに書かれたノンフィクション「アンダーグラウンド」。色々と考えさせられた作品でした。

1995年3月20日といえば、私がまだカルフォルニアで大学生の頃。この地下鉄サリン事件に限らず、日本のニュースをテレビやインターネットなどで目にすることもなく、家族に電話で教えてもらっていた時代でした。今は自分でネットから情報収集していますが、それでも海外で記事を読むだけなのと、実際にリアルタイムでその社会の中に生きながらニュースを知るのとは全く違うことをよく感じます。このオウム関連の事件に関して言えば、アメリカでもメジャーな雑誌に取り上げられていたし、友達にも質問されたのを覚えています。それから日本のクリスチャンの知り合いが「伝道がしにくくなった・・・」とぼやいていたのも。(やっぱり宗教アレルギーの人が増えましたものね。)しかし、「ひどい事が起こったものだ!」とは憤慨はしたものの、本当は何が起こったのか、それが何を意味していたのか、そしてそれが自分とどう関連があるのか、そこまで考えてはいなかったし、事件の重みを肌身に感じていなかったのです、当時の私は。
Continue reading